FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2019/06/01(土)
塩竈市のJR仙石線東塩釜駅の南東500m付近、塩釜港内の籬(曲木・まがき)島にある水路部標石。
※この記事はcaz3氏からの情報を参考にしています。

caz3氏によると、塩釜港に水路部の標石があるのだという。
※水路測量については、上西勝也氏のWebページ「日本の測量史」の「明治以降の水路測量・測位航法」「近年の水路測量・測位航法」辺りのページを参照のこと。


magaki_sui0.jpg
画像は塩釜港の北側、新浜町一丁目付近の海図(※)である。
周りを防波堤に囲まれた籬島という小島の中に国土地理院の地形図(地理院地図)には表示されない三角点マークが描かれている。これが以前、石巻の牧山で見た水路部測点の一種らしいのだ。籬島は島全体が曲木神社の境内になっていて、港からは橋を渡って簡単に行けるようになっているらしい。…が、毎月1日の月次祭の時しか橋を渡ることが出来ないという、ある意味大変ハードルの高い神社ということが判明。私の場合、1日が平日の月は行くことが出来ないのである。

なので先月1日にも行くことは出来たのだが、秋田から戻った来たばかりで疲れていたため見送った。6/1がちょうど土曜なので一ヶ月後に行けばいいやと思ったからだ。

※海図は地形図と違い海上保安庁が発行するもので、通常は購入するしか見る手段がありませんが、caz3氏より海上保安庁海洋情報部の水路通報のページの「海図別補正図」を利用する方法を教えて頂きました。ありがとうございました。


magaki_sui1.jpg
6月1日。幸い天候に恵まれて水路部標石を探すには最適な日といえる(天気が良すぎても困るけど…)。
R45のJR仙石線東塩釜駅前より、松島方面へ200mほど進んだ辺りにある、画像の交差点を右折する。


magaki_sui2.jpg
R45から右折後、すぐまた右折して


magaki_sui3.jpg
そして左折すれば現着のはず。


magaki_sui4.jpg
おぉ、あった!


magaki_sui5.jpg
ちゃんと橋が開放されてました。良かった。


magaki_sui6.jpg
籬島に関する説明の看板。ネット上でよく見かけるものなので、ここでの解説は省略。早い話、大昔から有名な島でしたよとのこと。


magaki_sui7.jpg
早速渡ってみます。赤というか朱色と周りのコントラストが美しい!
滅多に渡れない橋を渡れるなんて、凄く得した気分だ。


magaki_sui8.jpg
橋を渡った先にある鳥居。この神社は海側が南なので、北側のこちらは裏参道ということになるのかな?

magaki_sui9.jpg
鳥居をくぐると、社殿の後ろ側に出る。
ちょうど一ヶ月前にゆう氏が訪れたときはウミネコで凄いことになっていて引き返したとのことだったが、さてどうなっているだろうか。


magaki_sui10.jpg
確かにウミネコだらけだ…。海側の鳥居の先には標石らしき物が見える。


magaki_sui11.jpg
地面には至る所にウミネコの巣と卵が!こりゃ足下に細心の注意を払いながら進まないとまずいな。
突然現れた人間を見て思わず巣から離れてしまうウミネコさん。かといって、威嚇したり襲ってきたりはしないようだ。すぐ終わらせるから、ここを通してね。


magaki_sui12.jpg
標石は島の南側、海のすぐ手前にありました。
周りはもちろん、ウミネコと巣だらけ(笑)。完全に乗っ取られてます。


magaki_sui13.jpg
海側の鳥居との位置関係は画像の通り。
こっちが本当の参道って感じですね。橋が無い頃はこちら側に船を着けて参拝したんでしょうか。


magaki_sui.jpg
標石です。ウミネコが襲ってこないからと図々しく撮影。
「水路部」の面は南東を向いているようです。


magaki_sui14.jpg
南東面「水路部」
右上の角が破損しています。どうやらコンクリート柱のようですね。


magaki_sui15.jpg
北東面。
特に何も書かれてないようです。模様のようなのはヒビ(クラック)だと思われます。


magaki_sui16.jpg
北西面「昭二五」
恐らく昭和25年に設置されたのでしょう。ということは戦後なので海上保安庁が設置したのかな?


magaki_sui17.jpg
南西面。
こちらも特に何も書かれていないようです。


magaki_sui18.jpg
上面です。手前(下側)が海側です。右側の面が「水路部」の面です。

標石の大きさは 15x14x22cm。((北西-南東方向) × (北東-南西方向) × 高さ) 高さはこの状態での「水路部」の面のものです。
十字マークの大きさは5.5cmくらいでした。

ウミネコさんたち、お騒がせしました。


magaki_sui19.jpg
せっかくなので社殿に寄ってお参り。
あまり欲張らず、今日一日の安全をお願いしました。


MAP



DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°19′22″.5
経度:141°02′11″.5
標高:1 m
※経緯度はハンディGPSで計測した数値です。±10m程度の誤差があります。
※標高は地理院地図に表示された値です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
おばんです
1日が土曜日なのでもしかしてと思ったら、やはり行きましたね。
ウミネコの数が1/10ほどになっていますね!!!
自分は日曜日しか休みがないので9月の予定です!
海図は持っているのですが1/50000サイズなので三角点マークは載ってませんね!

鳥居の北西方向に標石があったと思ったのですが、見つけませんでしたか?
遠くからみたので確信は無いですが、宮城縣標っぽかったです。

2019/06/04(火) 19:11 | URL | ゆう #-[ 編集]
南の海側の鳥居です
2019/06/04(火) 19:13 | URL | ゆう #-[ 編集]
鳥居の北西側に小さな祠が3~4宇ありましたが、標石には気がつきませんでした。笹の中でしょうか。
2019/06/04(火) 19:44 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
自分ではなかなか行けない標石をつかピロさんにお伝えするとたちどころにレポートしてくださるという…
毎度すみません^^; 自分もいつかは行きます!
それにしてもこのウミネコの量、写真を見てると笑えますね。しかもこれでも1/10とは!!
ちなみに、海図は購入する以外にも海上保安庁各管区の「海の相談室」に行くと閲覧だけは可能ですよ。宮城県では塩釜にあります。コピーは駄目ですが写真を撮るのは構わないと聞いたことがあります…でも確認とってからのほうが良いでしょうね。
2019/06/06(木) 11:19 | URL | caz3 #-[ 編集]
せっかく教えていただいたネタですし、興味もありますので近場の場合は出来るだけ早めに行くようにしているつもりです。ただし県外だったり行きづらい場所だったりすると数年越しになってしまうこともありますね。先日の秋田とかそうでした。
caz3さんのブログを見ていると大変マニアックなところばかり行っておられるので羨ましいです。ただちょっとコメントする方法が分からなくて(笑)。
海図は閲覧も出来るんですね。場所も大体分かりました。でも土日はやっていないようですので難しそうですけど、機会があれば利用してみたいですね。
ウミネコですけど、数が多かったのも笑えましたが、危機感まるで無しのとぼけた表情も笑えますね。
2019/06/07(金) 01:58 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
9月1日に行ってきました。
やはり海側の鳥居左側1.5m付近に宮城縣標石ありました!少し笹の中でしたね。
来週あたりUPします!
2019/09/03(火) 20:18 | URL | ゆう #-[ 編集]
やっぱり縣標石あったんですか!笹の中じゃ気がつかないなぁ。
なかなか行けない所ですが(笑)そのうちまた行ってみようと思います。
2019/09/03(火) 21:16 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/920-3880f117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック