FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2019/08/12(月)
登米市石越町の県道4号今道橋東側にある四等三角点。

今日は以前より気になっていた石越の水没した四等“今道”のリベンジをしようと思う。
以前の記事を見ていただければ分かるように、“今道”は土管の底で水没していた。水の深さは目測で10cmはあったと思う。大した水量ではないものの土管の内径が狭いのと手が届かないほどの深さのため、バケツなどで汲み上げるのは困難そうに見えた。
今回はその困難を克服するため、ポンプ持参で再訪する。今度こそ標石を直に見てやるぞ。


imamichi7.jpg
というわけで、約2年ぶりにやってきました。
手前に砂利が敷かれた以外、周りは特に変化無いようです。


imamichi8.jpg
土管も健在。
じゃ道具の準備をしますかね。


imamichi9.jpg
ジャーン!
小型の発電機と水中ポンプ、中央の青いのは予備の延長ホースで、手前の棒は土管の底に落ちた物を拾うためのピックアップツールだ。ポンプとホースは今回のためにわざわざ入手した物である。
ポンプで汲みきれない水はピックアップツールの先に雑巾を付けて染みこませれば良いだろう。


imamichi10.jpg
ではフタを開けるぞ。


imamichi11.jpg
あれっ!?
水が…水が無ぇぜ!!

せっかくポンプを持ってきたのに… orz


imamichi12.jpg
標石です。
唯一、ピックアップツールのみコンパスを標石の上に乗せるのに役立ちました。
以前の記事に書いたように、この標石は標識番号が「宮 155」の、いわゆる「宮標石」のはずですが、この状態では標石の周りを掘ることも撮影することも難しそうです。


imamichi13.jpg
クソッ、悔しいから土管のサイズを測ってやる!(←意味不明)
土管の上端より、深さ110cmくらい。


imamichi14.jpg
地上に出ている部分は、約35cm
なので、標石は地下75cmくらいの深さにあるようです。


imamichi15.jpg
土管の外径は52cm。厚さが3cmくらいなので、内径は46cmですかね。

今回のポンプは、あそこあそこで使えそうだから、そのうちまた行ってみるかな。


MAP



DATA
基準点コード:TR45841017601
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:薫29
緯度:38°43′37″.9155
経度:141°12′03″.9611
標高:10.83 m
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
三角点のためにポンプを買うとは、酔狂極まれりですね。リスペクトです。
2019/10/02(水) 11:30 | URL | caz3 #-[ 編集]
ははっ、バカですみませんです…。
実はこのポンプの他に、もっと大きいのも買ったんです。工事現場の排水や農家が用水路から水を汲み上げるようなやつ。ネットオークションで格安で入手したものですけどね。でも画像に写ってる小型の発電機では容量が足りなく回すことが出来なかったので、可搬性も考えて買い足したのが画像のものなんです。
発電機はもっと大きいのも持ってるので、そちらでならたぶん使えるはず。
2019/10/02(水) 20:23 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/929-2a15f669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック