FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2019/08/12(月)
登米市石越町の白雉山山頂にあるらしい三等三角点。
※この記事は「今道リベンジ編」の続きです。

せっかく登米まで来たのだから、ついでに近くの三角点へも行ってみる。


hakujisan1.jpg
まずは、近くにある三等“白雉山”へ行ってみようと思う。
先ほどの“今道”のすぐそばにある今道橋のすぐ手前で右折し、夏川の堤防道路に入る。


hakujisan2.jpg
このまま堤防上を進むのは不安なので、すぐ右折する。


hakujisan3.jpg
これが白雉(はくじ)山か。登りやすそうな山だな。藪さえ無ければ。


hakujisan4.jpg
舗装路に出たら左折。


hakujisan5.jpg
ここから先は採土場みたいだな。
地形図を見ると、既に山の西半分が削られてしまっているように見える。三角点マークが微妙な位置にあるので、もしかしたら標石が亡失しているかもしれないが行ってみないと分からない。
他の里山同様、この山に登山道は無いが、幸いなことに山の中腹にある神社までは車道が続いているようなので、それを登って行くことにする。車道とはいえあの傾斜では四駆車でないと無理なので、車を赤い軽自動車の横に駐めて徒歩で行くことにした。


hakujisan6.jpg
こっちへ行けば神社へ行けそうだな。


hakujisan7.jpg
あれ、民家かな?…と思ったが、左へ道が続いているようだ。


hakujisan8.jpg
うわー、大分削っちゃってるなぁ。左の方はさらに穴掘ってるし。
崖には木が生えているので、削ってから結構年月が経っているのだと思われる。


hakujisan9.jpg
ここを右へ入っていけば神社みたいだな。


hakujisan10.jpg
神社といっても祠の類ではなく、下から建物が見えるほどの良くありがちな大きさの社だった。しかも拝殿の奥に本殿が別にある本格的なものだ。


hakujisan11.jpg
神社の所からさらに少し登ると採土場の現場と思われる広場に到達する。山頂はもう少し先なので、その入口の所から車道を外れて右斜めの方へ進む。


hakujisan12.jpg
尾根に上がれそうだな。


hakujisan13.jpg
うわぁ、この先どうなってんだろ。


hakujisan14.jpg
こりゃ酷いや。やっぱりな…。
なぜかここだけ尾根がとても狭くなっているようだ。激藪で進めないだけでなく、足下が良く見えないので大変危険である。これは改めて冬場か春先にリベンジしたほうが良さそう。


hakujisan15.jpg
少し戻って、ハンディGPSで三角点の方角を確認。
するとGPSは画像の赤矢印辺りを指した。崖のすぐ近くで既に最高点ではないように見える。もし本当にこの位置ならば、標石は亡失している可能性が高い。

ゆう氏のブログ「宮城縣三角点境界」の記事によると、三度登っても結局見つけられなかったとのこと。地元民のゆう氏でもダメだったか…。やっぱり亡失かな?リベンジどうしようかなぁ?


MAP



DATA
基準点コード:TR35841018601
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:事21
緯度:38°44′14″.2110
経度:141°12′30″.6596
標高:79.35 m
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/930-241d83db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック