FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2020/01/02(木)
気仙沼市本吉町の徳仙丈山の南1.8km付近のピーク上にある四等三角点。
※この記事は、ゆう氏のブログ「宮城縣三角点境界」の記事を参考にしています。
※この記事は「大岳仙鉱三角点」の続きです。

次も近くに仙鉱三角点がある四等へ向かう。


soboudou01.jpg
林道から県道18へ戻り、岩手県(一関)方面へ左折する。


soboudou02.jpg
700mくらい進み、ここを右折する。


soboudou03.jpg
細い舗装路を750mくらい進むと未舗装の林道のような道になるのだが…って、おい何だよ、ここまで来て通行止めか?


soboudou04.jpg
未舗装路入口の左脇に通行止めの理由が書いてある看板が立っていた。

この奥には
ニホンジカ用捕獲わなを
設置しておりますので
立入注意してください

立入注意か。禁止じゃないんだな。
わなにさえ注意すれば自己責任で立ち入って良いと判断した。
よっしゃK君、バリケードを除けて行ったれ行ったれ!!


soboudou05.jpg
何これ…落橋してるじゃん!
林道のような未舗装路に入って100m程度しか進んでないのに。通行止めの理由はこれか。
※どうやら昨年の台風19号の際、川が増水して落橋したらしい。


soboudou06.jpg
よく見たら橋のすぐ横に川へ降りられるスロープが造られていて、洗い越しのように直接川を渡れるようになっていた。これはもう「ジムニーさんどうぞ渡ってください」と言っているようなもんじゃないか。Kさん行けーっ!
先ほどのように拒むのかと思ったら、機嫌が良かったのか果敢にチャレンジするK。あっさり渡れると思いきや…

流れにハマってやんの(笑)。むなしく前輪が空転し水しぶきが上がる。
もういいもういい、バックして橋のたもとに駐車してきてくれ。ホント使えねぇ車だな!!


soboudou07.jpg
結局、橋の先からは徒歩で行くことになった。
そういえば、シカのわなってどこにあるんだろう?


soboudou08.jpg
ゆう氏によると、彼が辿ったルートの場合「めちゃ急な登り」になるそうだ。そしてジムニーなら行けそうな作業道もあるそうだ。…残念ながら来られなかったけど。
ならば、その手前から作業道をダラダラ登って行けば楽なんじゃね?と思ったので、ここら辺から左へ曲がってみる。


soboudou09.jpg
進んで行くとまた橋があった。
こっちの橋は無事だったようである。


soboudou10.jpg
2つ目の橋を渡った先は水が流れて轍が削れたような荒れた道になっていた。これも台風の影響ではないかと思われる。
坂を少し登ると左の方へ登って行けそうな踏み跡…、いやこれは明らかに山道だな。
林道はこの先さらに荒れているようだし、地形図を見た感じではこれ以上進むと山の斜面がさらに急になるのでこの辺りから登ってしまった方が良いのかもしれない。


soboudou11.jpg
不思議なことに踏み跡が無いにもかかわらず、なぜか人工的な山道のようなものが出来ている。その先にはどこから続いてきているのか分からない林道のような道まである。
辺りには先ほどのような杉林など無いし、植林しているわけでもない。林業が目的の道では無さそうだ。“曽坊堂”の点の記は昭和54年頃に調製された古い物だが、その要図を見ると以前この付近を南北に送電線が通っていたようだ。もしかしたら、これらの道はその送電線鉄塔の巡視路跡なのかもしれない。


soboudou12.jpg
林道というか作業道跡のような道を進んで行くと斜面がさらに急な方へ行ってしまうので、適当な所から山頂を目指して直登。それでも結構急な斜面だ。
この山の地質なんだろうけど、至る所に石が転がっているため踏ん張れず歩きづらい。ちょっと石が崩れて足を踏み外したら石ごと転げ落ちてしまいそうな感じがした。


soboudou13.jpg
途中にまた林道のような作業道のような良く分からない道が出現。どこから来る道なんだろう。分かってれば素直にこの道を登ってくるのに。


soboudou14.jpg
上の方にクマザサが生えているところがあって、そこから先の斜面が緩くなっているように見える。結構下の方から見えていたが、やっとその近くまで登ってこられた。
大岳を登っている時点で足が痛いと言っていたKはそろそろ限界が近づいてきたのか下の方で止まっている。一応気を遣ってペースを合わせてきたが、もう午後2時半だ。今の時期は日の入りが4時半頃なので、それまでにこの山を下りなければならない。私の場合、大抵山頂に1時間くらいはいるので、その時間を含めるとあまり時間が無い。Kさん、悪いけど先に行ってるから後からゆっくり登ってきてくれよ。


soboudou15.jpg
思った通りクマザサの先は緩やかな傾斜だった。山頂まで一気に登る。


soboudou16.jpg
やっと山頂に到着。風がやんだので、こっちの山は寒くない。
仙鉱と四等が仲良く並んでいる。見た目と大きさで左が仙鉱だとすぐ分かった。


soboudou.jpg
では、まず四等から。
標石です。


soboudou17.jpg
等級面のアップ。


soboudou18.jpg
標識番号は034766。


soboudou19.jpg
上面です。


MAP



DATA
基準点コード:TR45841139701
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:K規8
緯度:38°49′56″.2961
経度:141°28′18″.6759
標高:371.62 m
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
なんと
こっちの方が登りやすそうですね!
改めて自分の登った等高線を見ると一番きついところでした!!!
2020/01/22(水) 21:34 | URL | ゆう #-[ 編集]
もしかしたら点の記を完全に無視して南側の尾根を登った方が楽だったかもしれませんね。
2020/01/24(金) 00:07 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/954-04486d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック