FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2020/01/19(日)
仙台市若林区の仙台東部道路仙台若林JCTの南東1.7km付近にある宮城縣几号水準標。
※この記事はおめんぱんだ氏(@omen_panda)のツイートを参考にしています。

朝、起きると、舘澤氏より問い合わせのメールが届いていた。
東京都測量設計業協会の活動テーマ「SURVEY&TOKYO」の公式ツイッターで、おめんぱんだ氏(@omen_panda)が宮城県で几号水準点を発見した記事をリツイートしていたのだが、その几号の場所を知らないかとのことだった。…もちろん知らない。

詳細を知るためにおめんぱんだ氏(@omen_panda)のツイッターを確認すると、氏は今年の1月4日に宮城を訪れて几号を発見されたようだ。その直前のツイートが栗原市の金成付近からだったので、県北付近に几号があると推定。右下の画像を元に「①周辺が田んぼ ②近くにビニールハウスがある ③道路向かいに建設会社?(カーブミラーに重機らしきものが写っている) ④少し先に高速道路か河川の堤防がある」場所をGoogleマップの航空写真から探す。
堤防というよりは高速の盛土っぽいので、東北道沿いに探してみる。…が、見つからない。あの画像一枚だけでは情報が少なすぎるのだ。
一時は諦めかけたのだが、風景の雰囲気が仙台市若林区に広がる田んぼの中の集落のような感じがしたので、改めて画像を確認すると盛土の上に信号機っぽいのがあるのを発見。つまり高速では無い。…ん?そういえば最近仙台の海沿いに出来た「東部復興道路」がそんな感じだったな。そこで復興道路が左後方より斜めに交差する道路をストリートビューで見ていたら、


本当にありやがった…
これには正直ビックリ。俺、エスパーかもしれない。
※実は当該記事のコメント欄に「場所は二等三角点二木付近です」と解答が書いてあったりするのですが、これに気づいたのは探索から戻ってきた後でした。 orz

今日は日曜だし、土曜まで待ってられないので急遽確認しに行くことにした。


tanatsugi_m01.jpg
時間節約のため高速を利用。仙台南部道路の今泉ICで降りる。
※画像はドライブレコーダーの動画を加工したものです。


tanatsugi_m02.jpg
料金所を通過後、画像の交差点を右折して県道54に入る。


tanatsugi_m03.jpg
道なりに2.5kmくらい進み、画像の交差点を右折する。
画像奥の盛土の道が例の東部復興道路だ。津波発生時には仙台東部道路とともに防潮堤として役立ってくれるありがたい道路なのである。


tanatsugi_m04.jpg
この雰囲気、そう、この雰囲気だよ! どの雰囲気だよ


tanatsugi_m05.jpg
2つ上の画像の交差点を右折後、400mほどで現地到着。


tanatsugi_m06.jpg
ん?何だろうこのカラーコーンは。
手前の燃えカスっぽいのは、どんと祭の跡なのかな?


tanatsugi_m07.jpg
カラーコーンを移動させると、中に標石がありました。
どんと祭(?)の時、標石を保護するために置いたのか、それともツイートを見た同好の方が急遽置いてくださったのか。


tanatsugi_m.jpg
標石です。
標石周辺の土はほとんど砂でした。津波の時運ばれてきたものと思われます。


tanatsugi_m08.jpg
東面。(道路側を向いているので、正確には南東かな)
確かに几号です。見つけたおめんぱんださん凄い!
以降、反時計回りで。


tanatsugi_m09.jpg
北面「第一號」


tanatsugi_m10.jpg
西面「明治四十一年」
宮城野区岡田同 出花にある几号と同時期です。
見た目も似ています。こんな所でまた会えるとは。


tanatsugi_m11.jpg
南面「宮城縣」
※几号ですが宮城縣設置の標石なので、当ブログでは「宮城縣標石」のカテゴリとして扱います。


tanatsugi_m12.jpg
上面です。
画像手前(下)側が「宮城縣」の面になります。

標石の大きさは 15x15x30cm(五寸角)。高さは掘った状態での「宮城縣」の面。
几号マークの大きさは 横9cm、縦10cmくらいでした。


tanatsugi_m13.jpg
周辺には山神碑や雷神碑などがあります。
祠らしきものは見当たりませんでしたが(もしくは震災で流されたのかも)、地域では神社のような役割を担っているのでしょう。
岡田と出花の標石が神社の境内にあったことから、そう考えるとここに設置されたことにも納得できます。


tanatsugi_m14.jpg
ちなみにすぐ近くには二等“二木”があります。(寄らなかったけど)


MAP



DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°11′41″.3
経度:140°57′19″.9
標高:1.1 m
※経緯度はハンディGPSで計測した数値です。±10m程度の誤差があります。
※標高は地理院地図に表示された値です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
第一号発見とはすごいですねえ。
風景から場所を推定する嗅覚も流石です!
2020/03/20(金) 15:52 | URL | caz3 #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
そうですね、第一號でした。この場所に何か特別な意味でもあったのでしょうか。
発見というと最初に見つけた方に申し訳ないので、確認したということにしておきます。

> 風景から場所を推定する嗅覚も流石です!
確かにこれは自分でも驚きました。
元ネタのコメント欄に回答が書かれていなければ自慢できたんだけどなぁ。
2020/03/20(金) 21:15 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/956-51cac14c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック