標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/03/11(日)
丸森町の町立大内小学校の東2.5km付近、福島県境鈴宇峠近くにある四等三角点。
※この記事は“羽山”(新地町)の続きです。

次は“鈴宇峠”へ向かう。
点の記には新地町の上真弓地区より山道を西進するようなことが書かれているが、40年以上前に調製された古い物のため、現在は大分変わっているようだ。地形図を確認すると鈴宇峠付近まで車道を行き、そこから登山道を登るだけで比較的簡単に行けそうに見える。

suzuutouge1.jpg
先ほどの常磐道をまたぐ跨道橋の所から、さらに南西方向へ800mほど進み、画像の十字路を必ず止まってから右折する。
この辺りが点の記に書かれている上真弓地区のようだ。

suzuutouge2.jpg
550mほど進み、また右折。
昔はここから山道(点線道)だったのだろう。

suzuutouge3.jpg
立派な車道になった「山道」を約1km進むと左側に登山口と駐車場があった。

suzuutouge4.jpg
三角点がある尾根へはここを登っていけば簡単に行けそうだ。

suzuutouge5.jpg
この道は鹿狼山への登山コースだったのか。どうりで他にも登山客が車を駐めてるわけだ。
ちなみに私は鹿狼山のことを山頂の鹿狼神社付近にある木の生え方から「モヒカン山」と勝手に呼んでます。

suzuutouge6.jpg
登山道はきれいに整備されていて歩きやすいです。

suzuutouge7.jpg
どうやら尾根に到達。
画面中央付近に気になる白い杭が打たれてますが、基準点でも境界杭でもありませんでした。

suzuutouge8.jpg
細い尾根を進む。
この辺りが鈴宇峠なのかな?

suzuutouge9.jpg
画像の分岐で斜め右へ。
鹿狼山へはここを斜め左。恐らく間違うことは無いと思いますが、道標が無いのはちょっと不親切かも。

suzuutouge10.jpg
右(西)の尾根へ進むと小さな土塁っぽいものが尾根沿いに続いている。これが点の記に書かれている火防線なのだろう。
火防線といえば川渡温泉から入っていったところにあった二等“横山”を思い出すなぁ。

suzuutouge11.jpg
尾根沿いに進むと、普段人がこないせいか、だんだん道が荒れてくる。
目の前のピークに三角点があるのかな?

suzuutouge12.jpg
おっ、赤白ポールっぽいものがあるぞ。

suzuutouge.jpg
あったー!

suzuutouge13.jpg
標石のアップ。
入町”などと同じく字が達筆な、いわゆる「下手くそ四等標石(笑)」ですね。相変わらず「四」と「等」の字のバランスの悪さが酷すぎます(笑)。 これだと良く見えませんが「角」の字も昔の標石のように「肉」っぽい字にしようとして失敗している悲惨な標石です。どこにでもありそうで意外と見かけないので結構好きな石だったりします。

suzuutouge14.jpg
上面です。
点の記には保護石4個と書かれていますが、現状は2個になっています。

suzuutouge15.jpg
木々の間からモヒカン…でなく鹿狼山が見えます。ここから直線で1.6km程度のようですが、結構遠くに見えますね。
[鈴宇峠(四等三角点)]の続きを読む
2018/03/11(日)
福島県新地町の常磐道新地IC料金所の北3.7km付近、常磐道脇法面上にある四等三角点。
※この記事は“地蔵森”の続きです。

本日一ヵ所目の三角点は道がまさかの通行止めで行けなかったため、二ヵ所目の“鈴宇峠”へ向かう。
その途中にちょっと気になる三角点があるので寄っていくことにする。

hayama_s1.jpg
先ほどの「福田さきわけ延命地蔵尊」の所より、福島県道103を1.5kmくらい戻り、画像の交差点を右折する。
ちょうど「この先、宮城県側通行止め」の看板があった辺りだ。

hayama_s2.jpg
一つ上の画像の交差点を反対側から見ると、こんな感じ。“地蔵森”へは初めから行かなかったことにして、ここを左折したと説明するために撮ったものですが、せっかくなのでついでに載せておきます。

hayama_s3.jpg
交差点から600mほど進むと、常磐道をまたぐ跨道橋がある。
三角点はこの橋を渡った先の法面にあるはずなのですが、駐車スペースが無いみたいなので橋の手前右側の空き地に車を駐めていくことにしました。

hayama_s4.jpg
三角点はあの上かな?

hayama_s5.jpg
すぐ近くの側溝のグレーチングの角に東日本高速道路(NEXCO東日本)の基本基準点No.61の金属標がありました。ちゃんと方角も合わせてあるようです。

hayama_s6.jpg
「山元南 2km」の標識が見える。確かに常磐道だな。これが四車線化されるのはいつなんだろう。

hayama_s7.jpg
三角点へは高速のフェンスに沿って登っていけば良さそう。

hayama_s8.jpg
親切なことに山頂まで階段が設置されているみたいだ。これはラッキー。

hayama_s9.jpg
早速登ってみよう。

hayama_s10.jpg
階段を登り切ると祠があった。点の記に「羽山神社」と書かれているもので、点名の元になっている。元々道など無かったみたいだが、常磐道建設の際NEXCOが参道(階段)を造ってくれたようだ。本当に親切だな。

hayama_s11.jpg
祠の先に標示杭発見。

hayama_s.jpg
標石です。

hayama_s12.jpg
標石のアップ。

hayama_s13.jpg
昭和33年設置の標石なので「地理調」になっています。

hayama_s14.jpg
上面です。ICタグ付き。

hayama_s15.jpg
法面の方はとても見晴らしが良くて太平洋の水平線まで見えます。画像の上の方、中央よりやや右の辺りにある煙突は新地の火力発電所だと思います。
[[福島]羽山(新地)(四等三角点)]の続きを読む
2018/01/14(日)
登米市米山町のR346山吉田橋の東北東1.5km付近にある四等三角点。
※この記事は「登米犬子松宮城縣三角標」の続きです。

ここのすぐ近くに冠字選点番号「卓26」の四等がある。ということは以前行った四等“小倉”が「卓5」で「宮5」の標石だったように、この標石も「宮26」である可能性が高い。点の記には「標石第26号」としか書かれていないが、選点が昭和26年なので「宮標石」で間違いないだろう。

では行ってみるか。

zennouji1.jpg
縣標石の所から橋を渡り、来た道の方へ右折。
ここを直進しても行けるけど右折した方が分かりやすそう。それにしても逆光がひどいな。

zennouji2.jpg
300mほど進み、ここを左折。

zennouji3.jpg
三角点は正面の山の上にあるようだ。

zennouji4.jpg
地形図を見ると山の西側に神社があるらしい。点の記(昭和26年調製)には山頂に神社があると書かれているので、参道が西側にあるんだろう。ここから先は道が細くなるので、画像の電柱の辺りに車を駐めて徒歩で右の方へ進む。

zennouji5.jpg
おっ、鳥居があった。やっぱりここから登れるようだ。

zennouji6.jpg
それにしても参道が西側にあるなんて珍しい神社だなぁ。
しかも神社なのに「善王寺」だし。
※「善王寺」は近くの地名のようです。三角点がある場所の地名は「愛宕下」で、この山は「愛宕山」らしいです。ということは、この神社は「愛宕神社」なんでしょうね。

zennouji7.jpg
うわっ、いきなり正面に赤白ポールと標石かよ!

zennouji8.jpg
標石と神社の社。
点の記には「境内の右隅」に三角点があることになっていますが、隅ではないですね。確かに社に向かって右にあるけど。

zennouji.jpg
標石のアップ。
表面が風化したのか、文字がすり減って読みづらくなっています。


北面。
こちらも読みづらいですが「宮 26」の文字が確認できます。※いつものようにカーソルを画像の上へ持って行けば読めます
他の面は省略。

zennouji10.jpg
上面です。
[善王寺(四等三角点)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。