標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2018/01/14(日)
登米市米山町のR346山吉田橋の東北東1.5km付近にある四等三角点。
※この記事は「登米犬子松宮城縣三角標」の続きです。

ここのすぐ近くに冠字選点番号「卓26」の四等がある。ということは以前行った四等“小倉”が「卓5」で「宮5」の標石だったように、この標石も「宮26」である可能性が高い。点の記には「標石第26号」としか書かれていないが、選点が昭和26年なので「宮標石」で間違いないだろう。

では行ってみるか。

zennouji1.jpg
縣標石の所から橋を渡り、来た道の方へ右折。
ここを直進しても行けるけど右折した方が分かりやすそう。それにしても逆光がひどいな。

zennouji2.jpg
300mほど進み、ここを左折。

zennouji3.jpg
三角点は正面の山の上にあるようだ。

zennouji4.jpg
地形図を見ると山の西側に神社があるらしい。点の記(昭和26年調製)には山頂に神社があると書かれているので、参道が西側にあるんだろう。ここから先は道が細くなるので、画像の電柱の辺りに車を駐めて徒歩で右の方へ進む。

zennouji5.jpg
おっ、鳥居があった。やっぱりここから登れるようだ。

zennouji6.jpg
それにしても参道が西側にあるなんて珍しい神社だなぁ。
しかも神社なのに「善王寺」だし。
※「善王寺」は近くの地名のようです。三角点がある場所の地名は「愛宕下」で、この山は「愛宕山」らしいです。ということは、この神社は「愛宕神社」なんでしょうね。

zennouji7.jpg
うわっ、いきなり正面に赤白ポールと標石かよ!

zennouji8.jpg
標石と神社の社。
点の記には「境内の右隅」に三角点があることになっていますが、隅ではないですね。確かに社に向かって右にあるけど。

zennouji.jpg
標石のアップ。
表面が風化したのか、文字がすり減って読みづらくなっています。


北面。
こちらも読みづらいですが「宮 26」の文字が確認できます。※いつものようにカーソルを画像の上へ持って行けば読めます
他の面は省略。

zennouji10.jpg
上面です。
[善王寺(四等三角点)]の続きを読む
2017/12/24(日)
東松島市の鷹来の森運動公園入口交差点の北北東650m付近にある四等三角点。
※この記事は「ゆうさんの三角点」の記事を参考にしています。
※この記事は「東松島角柄宮城縣標石」の続きです。

四等“角柄”探索後、イオンタウン矢本内で遅めの昼食を取り、今度は四等“小松”へ向かう。
初め5カ所全て回れるかどうか自信なかったが、どうにか行けそうだ。

komatsu1.jpg
イオンタウン矢本より県道43を北へ向かう。

komatsu2.jpg
三陸道矢本IC入口より1.3kmほど進み、画像の交差点を左折する。

komatsu3.jpg
さらに道なりに700m進むと、例のトレーラーハウスがある交差点があるので右折する。

komatsu4.jpg
狭い坂道を登っていくと廃車になった軽トラが放置されている空き地がある。
点の記を見ると以前ここに養豚場があったらしいが、どうやら廃業したようだ。その先の道には点の記にも書いてある鉄製の門扉(ゲート)がある。今は解放されているけど養豚場が存在していた頃はもしかしたら通れなかったのかもしれない。

komatsu5.jpg
旧養豚場の先の道は農道で急勾配なため、私の車ではたぶん無理。友人K君の車で来て良かった。

komatsu6.jpg
一番上の畑の入口付近に駐車し、そこから左(西)のほうへ入っていく。

komatsu7.jpg
畑の入口の所はちょうど都合良く鞍部になっているので荒れてはいるが登りやすそうだ。

komatsu8.jpg
尾根(峠?)に到達したら左(南)へ。

komatsu9.jpg
画像には写っていないが尾根道には目印のテープが何カ所も付けてあった(ゆうさんのでは無さそう)。
何かの工事に伴う測量でもしているのかな?

komatsu10.jpg
標示杭発見。

komatsu11.jpg
周辺をきれいにしました。宮城縣標石もちゃんとあります。

komatsu.jpg
まず三角点から。目印がちょっと邪魔。

komatsu12.jpg
等級面の裏側(北面)は「宮 236」
他は省略(笑)。撮影の間、目印を外させていただきました。

komatsu13.jpg
上面です。ICタグ付き。
[小松(四等三角点)]の続きを読む
2017/12/24(日)
東松島市の市立大塩小学校の北西1km付近にある四等三角点。
※この記事は「ゆうさんの三角点」の記事を参考にしています。
※この記事は“関山”の続きです。

次は四等“角柄”(かくへい)。

kakuhei1.jpg
ドコモ電波塔より県道204へ戻り、さらに北へ進む。
電波塔入口の所より2kmくらい進んだところにある、画像の所を左折する。

kakuhei2.jpg
県道より細い道を400mほど進むと、左上へ登っていける送電線鉄塔巡視路がある。
入口には点の記の要図に書かれている「松島幹線No.108,No109」の標識がちゃんとあった。ここに車を駐めることは出来ないため、要図とゆうさんの記事に書かれているように少し進んだ先の峠右側にある待避所っぽい所に駐めてからここへ戻り、赤矢印の方へ進む。

kakuhei4.jpg
三角点は坂を登ってすぐの辺りにあるはずだが…。
それにしても臭い!車から降りた瞬間そう思ったけど、この辺りはかなり強烈な悪臭が漂っている。近くに養鶏場でもあるのだろうか?臭いに敏感な人は吐くかもしれないので訪れる際は要注意。

kakuhei5.jpg
それっぽい目印と入口っぽいのがあったので、中を覗いてみる。

kakuhei6.jpg
すぐ先に縣標石みたいなのと標示杭を発見。楽勝。

kakuhei8.jpg
臭いことを忘れて周りをきれいにしました。慣れると結構平気だな。

kakuhei.jpg
まずは三角点から。
四等だけど、なぜか標示杭が木杭。

kakuhei9.jpg
等級面のアップ。左上が欠けてますね。
以降、反時計回りで。

kakuhei10.jpg
「基本」

kakuhei11.jpg
「宮 260」
古い「宮」標石です。昭和27年選点ですが、それでも260なんですね。短期間の間にどれだけ設置したんだよ。

kakuhei12.jpg
「地理調」
「宮」標石なら当然これ。

kakuhei13.jpg
上面です。ICタグ付き。
[角柄(四等三角点)]の続きを読む