標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/07/02(日)
七ヶ宿町の傾城森山頂にある山林局補点。

先日、宮城県も梅雨入りしたそうだが今日は晴れるようだ。梅雨の合間の貴重(?)な晴れなので、どこかへ行きたいけど良いネタが思い浮かばない。いろいろと考えているうちに、七ヶ宿町の傾城森にある四等“東谷地山”のさらに上へ行ったところに山林局の補点があると、誰かがレポートしていたことを思い出した。以前すぐ近くまで行っておきながら、山頂まで行かなかったため見つけられなかった点だ。
ええっと、確か山形の「三角点の記録だにょ」さんだったっけな(→記事)。…検索してみると、あれ?最近ゆうさんも行ってるのか

以前行った時は山の裏側から車で行き、徒歩3分ほどで三角点の所に着いたのだが、今回はそんなズルはせずにちゃんと登山道を登ろうと思う。 本当は友人Kの軽四駆車の都合が付かなかっただけだったりする(笑)

keiseimori_h1.jpg
最近移転した道の駅からR113を山形方面へ1kmくらい進み、橋を渡ったところに傾城森の入口がある。【現在地
ちょっと分かりにくいな。

keiseimori_h2.jpg
建設会社の駐車場に車を駐めるのかと思ったら、斜め下へ下りる道路があった。【現在地

keiseimori_h3.jpg
恐る恐る進んでいくと、見覚えがある赤い吊り橋と広い駐車場があった。…けど、誰も来ていないみたい。【現在地

keiseimori_h4.jpg
早速吊り橋を渡る。【現在地

keiseimori_h5.jpg
登山道というか遊歩道はちゃんと整備されているようだ。雨上がりということでトレッキングシューズを履いてきたけど、普通の運動靴で良かったかな。【現在地
道標を見ると手前のピークは山伏森という名前らしい。目的地の傾城森までは620mか。うーん、微妙な距離だな。

keiseimori_h6.jpg
山伏森との分岐。道標に従い、ここを右へ進む。【現在地
※ コースが変わったのか、一つ上の画像の辺りから地形図上の点線道と現在位置(トラックデータ)が合わない。そういえばR113から吊り橋以外合ってなかったっけな。

keiseimori_h7.jpg
尾根上に見覚えがある看板が。【現在地

keiseimori_h9.jpg
“東谷地山”の標示杭とプラ製軽量標識+金属標を約7年ぶりに確認後、まだ未踏の山頂へ向かう。【現在地

keiseimori_h10.jpg
地形図の等高線通りに先ほどよりも斜面が急になるが、階段が整備されているので問題無い。【現在地

keiseimori_h11.jpg
さて、そろそろ山頂が近いはずだけど標石はどこかな?【現在地

keiseimori_h12.jpg
あった!【現在地
標石は最高点付近に設置されている。先ほどの四等“東谷地山”は、なぜここに設置されなかったんだろう?

keiseimori_h.jpg
標石です。

keiseimori_h13.jpg
「補點」

keiseimori_h14.jpg
反対側に旧山林局の山マーク。
左右側面には何も彫られていないようでした。

keiseimori_h15.jpg
上面。
十字マークが国地院の三角点標石よりも小さめ。(4cmくらい)

標石の大きさは 13.7x14.0x17.5cm(4.5寸角?)という、ちょっと中途半端な大きさ。国地院の二等・三等標石と四等標石の間くらいですね。

keiseimori_h16.jpg
補点がある場所の先には、いわゆる「山頂」がありました。
標高からいえば補点の所が山頂で、祠があるここは展望台といった感じです。
[傾城森山林局補点]の続きを読む
スポンサーサイト
2017/06/17(土)
福島県川内村の川内村コミュニティーセンター裏にある電子基準点。
※この記事は“屹兎屋山”の続きです。

ちょうど昼頃のため、さっき通ってきた川内村に戻り昼食を食べる。
このまま帰ってしまうのも勿体ないので、ついでに村役場の近くにある電子基準点にも寄っていくことにした。

fukushimakawauchi_a1.jpg
点の記によれば、電子基準点は役場の裏にあるコミュニティーセンターの敷地内にあるらしい。地形図を見るとR399より役場前の橋を渡り、駐車場を経由して裏側へ抜けることになっているのだが…橋がねぇぜ!!現在地
画像右端のほうに写っている新しそうな橋を渡れということか?

fukushimakawauchi_a2.jpg
R399をさらに150mくらい進むと地形図に載っていない、新しい橋へ続く道があった。標識には村役場やコミュニティーセンターへの案内が書かれているので、ここを左折で間違いないようである。【現在地
見た感じでは完成したばかりというわけでもないので、単に地形図(地理院地図)の修正がされていなかっただけみたいだ。

fukushimakawauchi_a3.jpg
橋を渡ると役場の裏へ行くことが出来た。これがコミュニティーセンターだな。【現在地

fukushimakawauchi_a4.jpg
勝手に駐車場に車を駐めて建物の裏へ向かう。【現在地

fukushimakawauchi_a5.jpg
ここを右へ行ったところかな?【現在地

fukushimakawauchi_a6.jpg
ありました。
ずいぶん目立たない所に設置されてるなぁ。

fukushimakawauchi_a.jpg
全体はこんな感じ。車止めが設置されています。

fukushimakawauchi_a7.jpg
点番号は091176
上2桁の「09」は2009年設置の意味ですが、後付けのプレートが物語るようにこのタイプの電子基準点本来の番号ではありません。2月に行った“宮城大和A”のように、ここの点名には最後に「A」が付いています。ということは“宮城大和A”と同様に、元々近くにあった電子基準点を何らかの理由によりこの場所へ移設したものと思われます。
検索してみると、ここ

|2009年10月01日|福島県 |960562|福島川内 |091176 福島川内A 新設 |

とちゃんと書かれていました。元々は960562だったようです。これなら、このタイプの電子基準点の年代と合いますね。

fukushimakawauchi_a8.jpg
付属標です。番号は091176A
閲覧サービスを見ると、付属標として二等水準点を兼ねつつ、電子基準点として三等水準点を兼ねているようです?訳分からん…。
[[福島]福島川内A(電子基準点)]の続きを読む
2017/06/17(土)
福島県いわき市小川町の屹兎屋山(きっとややま)山頂にある一等三角点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしています。

以前“物見山”の記事で書いた通り、福島県には普通の一等標石よりも大きい「規格外一等標石」が数ヶ所あるらしい。舘沢氏によれば、有名(?)な“下神白”以外にも、「妙見山」「二ツ石山」「屹兎屋山」に大きい一等標石があるのだそうだ。そこで今日は、その中で比較的近くて行きやすそうな屹兎屋山(きっとややま)へ行ってみようかと思う。

kittoyayama1.jpg
屹兎屋山はいわき市にある。常磐道で行く場合、緯度的には広野ICが最も近いのだが、阿武隈高地を横断する道が無い…いや、あることはあるんだけど地図を見た感じではかなり怪しい道で、正直通りたくない。なので手前の常磐富岡ICで下り、川内村を経由することにした。
常磐富岡ICより画像の交差点を右折し、福島県道36に入る。【現在地

kittoyayama2.jpg
福島県道36を道なりに15kmほど進むと川内村の集落に着く。想像していたよりも改良されていて良い道だった。
画像の交差点で左折し、R399に入る。【現在地

kittoyayama3.jpg
R399を16kmくらい南進し、画像の分岐で左へ進む。【現在地
R399といえば“金原峠”へ行ったときもそうだったように、とても国道とは思えない酷い道の「酷道」結構有名な道。その期待通り(?)酷いところでは離合出来ないくらいの極狭幅員や急カーブの連続という、とんでもないクソ酷道でした(笑)。
ところで、これから行く左へ分岐した先の道ですけど、これは一番上の画像の説明で「かなり怪しい道」と書いた道で、出発前に確認したGoogleストリートビューでは林道のような砂利道でした。ところが現地へ来てみると綺麗に舗装されてるではありませんか!よく見ると「福島県道249」の六角形標識が設置されていて、これが県道であることが分かりました。確かに地形図では黄色く塗られてるので、何となくそんな気はしてましたが…。

kittoyayama4.jpg
福島険道249を1kmくらい進むと屹兎屋山への登山道入口がある。【現在地
点の記では山頂近くの無線中継所まで車で行ってるので林道のような車道になっているが、「分岐点に施錠」と書かれているので、ヘアピンカーブの内側(画像左側)にあるいかにも駐車場っぽい空き地に車を駐めて、ここからは徒歩で進む。

kittoyayama5.jpg
登山道に入ってすぐ、案の定チェーンがかかっていました。【現在地
仮にここを通れたとしても、私の車ではこの坂を登れないと思うので、結局徒歩でしょうけど。

kittoyayama6.jpg
山頂付近の中継所の所まで来た。…おや?鉄パイプを組んで作ったはしごみたいなのがあるぞ。【現在地

kittoyayama7.jpg
これを登って行けば良いんだな?

kittoyayama8.jpg
おおっ!何か良い雰囲気!!最近刈り払ったばかりみたいだし、さすが一等の山!

kittoyayama9.jpg
何も書かれてないけど、これがアマ無線の中継所(レピータ局)かな?
ここを見ると430MHz帯と1200MHz帯っぽいけど今でも運用しているのでしょうか?携帯電話の普及で最近使ってる人少ないしな…。私も20年くらいやってないし…。(局免は切らせてないです)

kittoyayama10.jpg
あった!

kittoyayama.jpg
標石です。画像からは分かりづらいですが、確かにデカい!。文字が見えづらいためマッキーでなぞりました。
標示杭の下にわざとらしく置いてあるキットカットは山名の「キットややま」にかけた駄洒落です。寒いネタでごめんなさい…。

kittoyayama11.jpg
正面のアップ。他の面には何も彫られていません。
風化が進んでいるせいか文字がかなり読みづらくなっていたので、いつものようにマッキーでなぞったのですが、「一」と「三」の文字をなぞった後に固まってしまいました。読みづらいということは、どこをなぞって良いのか分かりづらいということで、「一」「三」以外の文字が書けなくなってしまったのです。なぞらなければ良かったと後悔しても既に遅し。「一」「三」だけというわけにもいかないため、自分のブログに載せている他の標石画像の文字を参考にして何とかなぞりました。こういう時スマホって便利だなぁ。でも近くで見るといまいち。申し訳ないです…。

kittoyayama12.jpg
上面です。国有林の界標と兼用しているためなのか、山標石のように赤く塗装された形跡があります。
標石が大きいのでコンパスが小さく見えます。

kittoyayama13.jpg
どのくらい大きいのか測ってみました。
一辺が20.5cmです。通常の一等標石は18cm(6寸)ですので一回り大きいです。

kittoyayama14.jpg
露出している部分の縦は29cm

kittoyayama15.jpg
十字マークは約8cmですね。
[[福島]屹兎屋山(一等三角点)]の続きを読む