標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/03/12(日)
仙台市青葉区の仙台市天文台駐車場にある電子基準点。

次は以前から行こうと思っていながら未だに訪れてなかった電子基準点へ向かう。

sendai1.jpg
R48愛子バイパスを山形方面へ進み、画像の「あやし歩道橋」がある交差点を錦ヶ丘方面へ左折する。【現在地

sendai2.jpg
坂を登り、画像のコンビニがある交差点を右折。【現在地

sendai3.jpg
600mほど進むと仙台市天文台に着く。【現在地
天文台といえば西公園だったのになぁ…。
ちなみにこっちの新しい天文台にも以前来たことがあります。プラネタリウムが凄すぎて酔って吐きそうになりました(笑)

sendai4.jpg
駐車場入口。もう見つかりました。【現在地

sendai5.jpg
適当なところに車を駐めて、徒歩で駐車場内を進む。
駐車料金がタダなのを良いことに、天文台には入りません(笑)

sendai.jpg
この基準点の点名は“仙台”なんだけど、仙台の市街地にあるのかと思いきや、こんな郊外にあるのでちょっと意外。
でもよく考えてみれば仙台市は海岸から山形県境までなので、地図を見るとこの点は仙台市のちょうど真ん中辺りに位置するみたいですね。適当に選点したわけでは無さそう(たぶん)。

sendai6.jpg
おなじみの説明看板。

sendai7.jpg
点番号は091179
プレートが貼られているので、先日行った“宮城大和A”と同様に点番号が変更されたみたい。確かにこのタイプは90年代の比較的古い物(94型)なので、本来なら09から始まる番号(2009年)が付くはずない。どこからか移設したものみたいだけど、2009年以前に“仙台”という電子基準点が市内の他の場所にあっただろうか?熊ヶ根二口温泉若林の地殻変動観測点ならあったけど…。
もしかして、どこかの中古品を設置したのかな?

sendai8.jpg
付属標です。
大抵、二等水準点としても使われている付属標ですが、ここのはなぜか三等水準点扱い(しかも成果異常)。精度が良くないのでしょうか?

ウーメラ氏より、この付属標は一等重力点も兼ねているとのコメントを頂きました。ありがとうございました。
早速閲覧サービスを確認すると…ホントだ!天文台という場所柄もあるのかな?
あれ?でも、いつの間に閲覧サービスで重力点も表示されるようになったんだ?(2017/4/8追記)
[仙台(電子基準点)]の続きを読む
2017/03/12(日)
仙台市青葉区の葛岡斎場の南西350m付近、葛岡墓地の最高点付近にある林野庁図根点。
※この記事はcaz3氏のブログ「基準点があったら興奮するブログ」の記事を参考にしています。

caz3氏によると、先日蕃山山頂で見た林野庁図根点同タイプの標石が葛岡墓地内にもあるらしいので、行ってみることにした。

kuzuoka_z1.jpg
1月に弘法山へ行ったときと同様にJR仙山線の国見駅付近まで来た。【現在地
目的地である葛岡墓地へ行くには、この踏切を渡って直進する。

kuzuoka_z2.jpg
踏切より1kmほど進み、ここを左折。【現在地
直進すれば葛岡斎場(火葬場)だ。なので、今来た道は墓地というよりも斎場へ行くための道である。正直、良い思い出は無い。

kuzuoka_z3.jpg
350mくらい進み、ここを右折。【現在地
葛岡墓地の外周にある環状線のような道だ。

kuzuoka_z4.jpg
さらに300mほど進むと送電線鉄塔がある小さな山があった。どうやらこの上みたいだな。【現在地

kuzuoka_z5.jpg
元記事で見た状況とは違い、山は伐採されスッキリした感じになっていて登りやすそう。彼岸が近いせいか、手前には墓参り用の駐車スペースと思われる舗装工事がされているみたい。【現在地

kuzuoka_z6.jpg
ええっと、右奥のほうが最高点かな?

kuzuoka_z7.jpg
最高点と思われる、画像の切り株付近より少し北西のほうに標石らしき物を発見。

kuzuoka_z8.jpg
おおーっ本当にあったぞ!見た目はまるで四等だ。
caz3氏はこれをノーヒントで、勘だけで見つけたというのだから凄いなぁ。
ウーメラ氏やゆう氏もそうですけど、みなさんの標石を嗅ぎ付ける能力には恐れ入るばかりです。それに比べて私なんか…グスン。

kuzuoka_z.jpg
周りを掘ると、先日蕃山で見たのと同じような標石が出てきました。
でも墓地で地面を掘ったりして大丈夫かな…?

kuzuoka_z9.jpg
「図根」
「根」の字の右下のはらいが長すぎる~(笑)
よく見ると塗料が垂れた跡のようですね。横に垂れてるので、設置する前に塗って横にしてたらこうなったって感じですかね。
蕃山のと比べると、字体も字間も微妙に違います。制作時期が違うのかな?それとも毎回手書き?

kuzuoka_z10.jpg
「公共」
私はこれの有り無しで山林局か林野庁の区別をしてますが、実際はどうなんでしょう?

kuzuoka_z11.jpg
蕃山のと同様に、この面には何も彫られていません。

kuzuoka_z12.jpg
「山」(笑)
塗料垂れまくりwww
さっきのと違い下に垂れてるので、設置してから塗ったのかな?つうか拭けよ(笑)

kuzuoka_z13.jpg
上面です。
「図根」の面が南です。
林野庁の図根点は十字マークが結構いい加減なものが多い気がしますけど、この標石は比較的綺麗に彫られています。

標石の大きさは 12.3x12.3x19cm(露出部分) 、十字マークの大きさは 5.8cm でした。
[葛岡林野庁図根点]の続きを読む
2017/02/26(日)
仙台市青葉区茂庭の蕃山山頂にある林野庁図根点。
※この記事はWebページ「三角点を訪ねて」の記事を参考にしています。
※この記事は“半山”の続きです。

banzan_z1.jpg
登山道に戻り、再び山頂を目指す。【現在地
もの凄くどうでも良いことだが、蕃山をBANGZANGと書くと、何となくカッコいいような気がする。

banzan_z2.jpg
「大梅寺に至る 0.85km  蕃山開山堂に至る 1.01km」
えぇ~、まだ半分も来てなかったのかよ。【現在地

banzan_z3.jpg
おや、境界杭とは違う何かがあるぞ?【現在地

banzan_z4.jpg
3級基準点
  +
 基準.10

公共基準点か。【現在地
自宅に戻ってから調べてみましたが、閲覧サービスには出てきませんでした。廃点になったのか、管轄が違うのか。
検索をかけると、弘法山John Smith氏や「Sense of Wonder」のたけぞう氏もこの金属標の記事を書かれてますね。
一応、座標。
緯度:38°15′21″.4
経度:140°47′58″.6
標高:254.8 m

banzan_z5.jpg
お、たまに見かける反射板がある。【現在地
柵に付けてある説明板には

蕃山反射板
この反射板は、建設省で大水や道路の様子を連絡するために使用しています。
特に災害が発生した時には重要な役目をしますから、大切にして下さい。
建設省 東北地方建設局

と書かれていた。建設省時代の物だから、それなりに古いのかな。
中継局の代わりに板1枚で済んでしまうなんて凄いなぁ。

banzan_z6.jpg
(画像では分かりづらいですが)右上の方に開山堂の屋根っぽいのが見えてきたぞ。【現在地

banzan_z7.jpg
ベンチっぽい物の先に標石発見。

banzan_z.jpg
標石です。字体を見ると、以前小屋森山で見かけた物とそっくり。
後ろの建物が開山堂。灯籠と碑が倒壊しバラバラになっています。震災のせいだろうなぁ。

banzan_z8.jpg
「図根」

banzan_z9.jpg
「公共」

banzan_z10.jpg
小屋森山の物には、この面に番号が彫られていましたが、この標石には何も彫られていません。
caz3氏によれば同タイプの物が葛岡墓地にもあるみたい。

banzan_z11.jpg
「山」
下が丸い「山マーク」でないのが違和感ありまくりです。

banzan_z12.jpg
上面です。

標石の大きさは 12.8x12.8x23.5cm (高さは本来露出するべき部分)
十字マークは 6cm
小屋森山のよりも、ほんの少し大きいですが加工精度は良いようです。

banzan_z13.jpg
ベンチからの眺め。海の水平線まで見えます。
画像中央下付近が、閑上だと思います。
[蕃山 林野庁図根点]の続きを読む